2018年9月26日に大分大学にて開催された「2018年度(第26回) 電子情報通信学会九州支部学生会講演会」において、工学部工学科電気電子工学コース4年の古賀泰之さんが”ディジタルヒステリシス電流制御電源の安定性評価”(共著:大学院工学研究科修士課程1年山嵜孝介さん、梶原一宏講師、松井信正教授、本学新技術創成研究所 黒川不二雄学術教授)と題する論文発表を行い、「講演奨励賞」に選出されました。

ー大学情報より